婚約指輪と結婚指輪の購入

結婚指輪の特徴と素材

4月
14

婚約指輪は、男性が女性に結婚の約束の意味を込めて贈るものに対し、結婚指輪はペアリングとして、双方が贈りあうものになります。婚約指輪と違い、日常的に身に付けるものですので、デザインは家事や仕事に支障のないよう、そして飽きがこないようシンプルなものになっています。

結婚指輪の価格帯としては、ペアで10~30万円が一般的でしょう。婚約指輪よりも価格は低めですが、宝石や飾りが控え目な分、こういった価格帯になります。ただ、最近は婚約指輪とペアの結婚指輪もあり、この2つの指輪をしている女性も多くみられます。

結婚指輪は一生身につけるものですから、素材選びとしては耐久性の高いものがおすすめです。結婚指輪の素材として、最も人気が高いのはプラチナでしょう。加工もしやすく、変色にも強いのが特徴です。次に人気なものとして、イエローゴールドです。高貴な雰囲気がありますので、他のアクセサリーとの相性も抜群です。そして最近は、パラジウムやチタンなどの結婚指輪にも注目が集まっています。これらは身に付けていることを忘れるくらい軽く、その上強度も高いのが特徴と言えます。結婚指輪は一生ものです。クリーンニングやサイズ直しなどのアフターについてもしっかりと店に確認してください。

Pocket

未分類 結婚指輪の特徴と素材 はコメントを受け付けていません。

Comments

Comments are closed.